加藤哲建築事務所

本荘の家(2019)
この家は若い夫婦の新居として提案した住まいです。
施主は共働きで子育てに取り組むNさん夫妻。住まい手と作り手が二人三脚で見つけたのは南側に開けた住宅地。庭や菜園づくりを共通の趣味にと願う夫妻のため、十分なスペースを残して建つN邸は、東側と南側に軒のある縁側が回されています。深めの軒は少しの雨なら窓を開けたまま通風を確保でき、夏の日差しを遮るのにも有効です。
Nさん夫妻の希望を叶えながら、予算内に納める工夫にも知恵と力を尽くしました。「できるだけ多い個室の確保や、畑や庭のための敷地、吹き抜けもマストと、無理難題を自分たちでも自覚しながら話した要望に、期待以上のプランニングと予算で応えてくれました」とご主人。
懐かしさと新しさがバランスよく取り入れた、今だけでなく数十年後の自分たちにも馴染むであろう懐の深さを持つ空間が完成しました。

熱効率を損ねないシンプルな形状をベースに1階に軒を回した外観。堀やデッキは流通材を活用して施工コストやメンテナンスに配慮

開放感・採光ともに十分なボリュームで2階オープンスペースと通じた吹き抜け。夫妻の希望による栗の床材を使用

階段板に見える丸柱の欠き込みや八角形に面取りされた木製手摺り、収納棚の真鍮のレールなど暮らすほどに実感する細やかな仕事

障子と造作棚など丁寧に作り込まれ綺麗に揃えた線が美しいキッチンからの眺め

玄関には奥行きのあるシュークローゼット

一覧に戻る

Inquiry

ご相談・資料請求はこちらからどうぞ